南風荘について

沿革

昭和29年8月 山口市大字鋳銭司字梅ノ木に山口県ろうあ福祉協会設置男子ろうあ者に対する木工授産を始める
昭和31年12月 社会福祉法人として認可を受ける
昭和37年4月 木工授産を廃止し、女子ろうあ者に対して縫製授産を始める
昭和37年7月 身体障害者授産施設の認可を受ける
昭和46年5月 宇部市大字小串字蛭子1344番の1に移転(元沖の山小学校)
昭和49年4月 宇部市神原町1丁目4639番3に重度身体障害者授産施設を開設
昭和53年9月 通所部門の認可を受ける
昭和54年3月 社会福祉法人南風荘授産所に変更認可を受ける
昭和62年11月 地域交流室を建設
平成4年4月 ワークショップ南風を開設
平成8月6月 社会福祉法人南風荘に法人名を変更、施設名をセルプ南風に変更
平成8年10月 常設展示販売 ふれあいのお店"南風"を開設
平成10年4月 身体障害者通所授産施設 セルプときわ開設
平成10年9月 南風デイサービスセンター開設
平成12年12月 宇部市障害者生活支援センター ぴあ南風開設
平成15年10月 知的障害者通所授産施設 セルプ岡の辻開設 セルプときわデイサービスセンター開設
平成19年3月 セルプときわデイサービスセンター閉所
平成19年4月 南風デイサービスセンターを南風デイセンターに変更し、地域活動支援センターII型事業を開始
平成20年9月 障害者自立支援法に伴い新事業へ移行し、第1種社会福祉事業・障害者支援施設の経営・第2種社会福祉事業・障害福祉サービス事業の経営・相談支援事業の経営・地域活動支援センターの経営の指定を受ける3ヶ所のウエス部門を統合した障害福祉サービス事業所セルプ藤山を開設
平成20年10月 山口宇部空港テナント 角打ち「鍋島」を開設
平成21年9月 社会福祉法人南風荘を後援する会(通称 南風荘後援会)を設立
平成22年6月 グループホーム サンハイツを開設
平成22年10月 フジグラン宇部テナント 溶岩窯焼きパン四ッ葉を開設
平成24年4月 地域活動支援センターII型事業を廃止
平成24年8月 山口宇部空港テナント 地酒「鍋島」を開設
平成25年10月 セルプ南風 宇部市あすとぴあ2丁目2-15に移転
平成25年11月 南風デイセンターを廃止し、セルプ南風へ統合
指定短期入所(併設型)の開設
平成26年10月 社会福祉法人南風荘 創立60周年記念式典を開催
平成30年12月 セルプ ジョブ・アソシエイトを開設